手作りの贈り物の良し悪し

贈り物を自分で作る

手作りの贈り物は相手に応じて

何かを作って贈りたいと思う異性はいますか?手作り品は昔でこそ良いものと考えられていましたが、最近は「込められた気持ちが重い」と感じる人もいるようです。せっかく手間暇を掛けた贈り物が、このように否定的な印象を引き出してしまったら悲しいですね。なので、手作り品を贈りたいのであれば、現時点での相手との距離に応じて品を変えるのが良いでしょう。例えば、恋人でもないのに手編みのマフラーやセーターを渡されたら、相手はぎょっとしてしまいます。しかし、友人にクッキーを作って、「趣味で作ったのですが、たくさん余ってて困っているので食べてください」と言って渡す分には自然ですし、これを話の種に、親交を深めるきっかけにもなります。手作りの品は、特別な人に贈るだけでなく、相手と親しくなる贈り物としても有効なのです。

買った贈り物も良いですが、手作りもまた良い味があり喜ばれます。無添加が好まれる時代ですので安心な天然素材を使った、オリジナルな手作りコスメを作っておしゃれな容器に入れて贈ったりしても素敵です。最近は驚くほど色々な手作りキットも販売されていますので、手作りに慣れていない人でもよほど不器用でない限りは大丈夫でしょう。たとえちょっと歪だったとしても、それを作り上げたあなたの相手を思う気持ちが贈り物にこもっているので、貰った方はとても温かい気持ちになれることでしょう。なによりこの世に同じものが2つないのも良いところです。